妻遊びロゴ

18歳未満閲覧禁止

18歳未満ですか?はい

ヘッダー画像

夫(恥夫)より

このサイトでは、夫である私の強い願望により他人棒を受け入れる事になった妻が、罪悪感の中で夫以外の男とセックスする興奮と、その肉棒が与える快楽に腰を振るようになった妻の性教育記録を紹介しています。まだ他人棒を知らなかった若かりし二十歳頃の裸体と性行為から、他人棒を与えられセックスに興じる今の妻の痴態をご覧ください。このサイトをきっかけに、さらに多くに男性に妻の体を味わってもらえる機会が作れたら幸いです。

妻の名は「ユウ」、40代半ばの女です。ユウには男達が中出ししても妊娠の心配が無いように、子宮内に避妊リングを入れています。子宮口に向けて直接射精が可能です。このサイトを通じて出会った男達によって、ユウを快楽地獄へと突き落としていただき、アソコの痙攣が止まらなくなった先にある痙攣絶頂失神を体験させてください。

 

↑ユウのファン向けSNS

↑ユウのファン向けSNS

↑ユウのエロツイート

↑ユウのエロツイート

 

雑誌掲載

裏ネタJACK

裏ネタJACK

2022年10月号

寝取られ「性教育の日々」としてユウの痴態が紹介されました。

寝取られ「性教育の日々」としてユウの痴態が紹介されました。

 

↑クリックして「ユウ」の

   痴態を広めて下さい!!

↑クリックして「ユウ」の痴態を広めて下さい!

 

おすすめサイト

 

 

 

肉棒3本の醍醐味

(7)電マ快楽

肉棒3本を体験する妻1

多量の精子が注入され滑りが良くなったオマ○コに、ハメ太郎さんが溢れ出る精子を膣内に戻すように肉棒を挿入します。そしてたくみさんは、喘ぎ声を上げるユウの口に肉棒を挿入します。もう上下の穴は肉棒にふさがれ、完全に男達の性玩具となっていました。いったいこの女は、男達にいい様にまわされている事をどう思っているのでしょうか?夫の前で男達とセックスを楽しみ、貪欲に快楽を求めているのです。卑猥な言葉を掛けるなら、牝豚、肉便器といったところですが、ユウは何よりもセックスの快楽を純粋に求めているようです。快楽の為なら、男達の調教を何でも受け入れてしまう女なのです。この後ユウはまだまだ満足出来ずに、次は騎乗位で腰を振ろうとするのです。

肉棒3本を体験する妻2
肉棒3本を体験する妻3
肉棒3本を体験する妻4
肉棒3本を体験する妻5
肉棒3本を体験する妻6
肉棒3本を体験する妻7
肉棒3本を体験する妻8
肉棒3本を体験する妻9

騎乗位になったユウは、激しく腰を擦り付けていました。そしてユウが腰を振っている間に、ハメ太郎さんがベットに備え付けの電マを持ち出します。ユウは電マがクリ○リスに当たり易いように突き出し、大きく勃起したクリ○リスにハメ太郎さんが電マを押し当てました。するとユウの腰が、ピクピク、ピクピクと小刻みに震え出し、「イヤ!イッちゃう。ダメ、ダメ、イクッーーーー♥」と腰を痙攣させながら何度もイッテしまいます。そしてたくみさんは、もっと電マが直接クリ○リスに当たるように指で広げてあげます。もうユウは絶頂快楽状態となり、暴れて肉棒が抜けてしまいました。でもハメ太郎さんは電マを楽しむように当て続け、とうとうユウの体が反り返ってしまいました。
   自宅には電マが無く、ユウはほとんど電マを経験せずに過ごしてきました。なので電マの振動の激しさに耐性がなく、直ぐに我慢ができなくなってしまうそうです。そこで逃げる事が許されないように体を拘束した状態で、じっくり電マ責めをすれば、ユウは完全に白目を向いて失神するかも知れません。いつか必ず試してみます!

肉棒3本を体験する妻10
肉棒3本を体験する妻11

電マから解放されたユウは、「もうダメ!」と言いながらも肉棒挿入を再び求め、上下の穴を使って男達とセックスを続けるのです。皆さんが言っていましたが、ユウは性欲が強く、感度良く、また何度もイキ続ける事が出来る女なので、一人よりも複数の男で遊んでヤルのがいい女だと。

肉棒3本を体験する妻12

やまちゃんは既に2度の中出し済み。その後はハメ太郎さんがじっくり楽しんでいましたが、一時休憩に入りました。そして次はたくみさんの番となります。男達は休憩しながら順にユウを回していましたが、ユウは全く休憩不要で連続快楽を楽しんでいます。性欲は底なしのようです。
   気付いたのですが、この時点でベットのシーツの大部分が変色していました。理由はユウの潮吹きです。ユウがイク度に潮を吹きちらしていたようです。後で皆さんが言っていましたが、ユウがイク度に温かい潮がアソコから湧き出る間隔が堪らず、潮の温かさを感じたくて何度もイカせたくなったようです。無限にイケる女であり、男達がイカせたくなる女なのですから、ユウは幸せな女なのですね。

Copyright (c) 2019 tsumaasobi All Rights Reserved.