妻遊びロゴ

18歳未満閲覧禁止

18歳未満ですか?はい

ヘッダー画像

夫(恥夫)より

このサイトでは、夫である私の強い願望により他人棒を受け入れる事になった妻が、罪悪感の中で夫以外の男とセックスする興奮と、その肉棒が与える快楽に腰を振るようになった妻の性教育記録を紹介しています。まだ他人棒を知らなかった若かりし二十歳頃の裸体と性行為から、他人棒を与えられセックスに興じる今の妻の痴態をご覧ください。このサイトをきっかけに、さらに多くに男性に妻の体を味わってもらえる機会が作れたら幸いです。

妻の名は「ユウ」、40代半ばの女です。ユウには男達が中出ししても妊娠の心配が無いように、子宮内に避妊リングを入れています。子宮口に向けて直接射精が可能です。このサイトを通じて出会った男達によって、ユウを快楽地獄へと突き落としていただき、アソコの痙攣が止まらなくなった先にある痙攣絶頂失神を体験させてください。

 

↑ユウのファン向けSNS

↑ユウのファン向けSNS

↑ユウのエロツイート

↑ユウのエロツイート

 

雑誌掲載

裏ネタJACK

裏ネタJACK

2022年10月号

寝取られ「性教育の日々」としてユウの痴態が紹介されました。

寝取られ「性教育の日々」としてユウの痴態が紹介されました。

 

↑クリックして「ユウ」の

   痴態を広めて下さい!!

↑クリックして「ユウ」の痴態を広めて下さい!

 

おすすめサイト

 

 

 

就職して3か月

(2)オフィスチェアで腰振るユウ

友人の会社で性教育1

友人から「ユウさん、かなりエロい。すぐにヤラせてくれる」と。しかもスイッチが入ると潮吹きが止まらなくなり、事務所でヤルと後始末が大変な時があったと。ユウは僕が考えていたよりずっと発情したサセ子のようです。今では従業員が不在の時間帯は、毎日ぺ〇スを挿入しているそうです。さすがに友人は毎回射精できないようですが、勃起はいつでも可能なので時間があればユウのオマ〇コに入れて楽しみ、事後はぺ〇スを綺麗にするお掃除フェラを毎度するようです。二人きりになるとユウの方から誘ってきて、ユウが友人のズボンをおろし、ペロペロ舐めて大きくしたぺ〇スを自分でオマ〇コに入れて腰を振る時の発情したユウは「最高!」と友人は言っていました。

友人の会社で性教育2
友人の会社で性教育3

この頃はまだ入社して1週間ほどだったようで、周囲を気にして喘ぎ声は出さないように静かに腰を振っていたようです。友人の事務所は古いワンルームマンションの一室のためか、大きな喘ぎ声は隣に聞こえてしまうそうです。ユウは事務所でセックスする事にかなり興奮すると友人に話しており、もっと大きな喘ぎ声を出したいでしょうが、オフィスでは我慢するしかないようです。でもアソコから流れ出る愛液は抑える事ができず、ショーツをビッチョビチョに濡らしているのでしょう。

友人の会社で性教育4
友人の会社で性教育5
友人の会社で性教育6
友人の会社で性教育7

今ではユウが「早くイキたい、イカせて」と声に出して激しく腰を振り、フェラも長時間音を立てながらエロくしゃぶりついてくるので、友人はユウがこんな人妻だったとは想像していなかったようです。友人が言うには「あの時に若い頃のユウさんを犯す事ができていれば、20代のユウさんを他の友人達ともシェアして調教を行い、若い肉体のユウさんを肉便器にできたのにと悔やまれる」と。「でも今は自分の会社で調教してユウさんの体を楽しませてもらっているので大満足」とも。

友人の会社で性教育8

友人は当然早くからユウを寝取るつもりでしたが、こんなに早く寝取れ、しかもオフィスでも躊躇なくセックスするユウにびっくりしていると言っています。歓迎会後にラブホに誘ってセックスした時、入室して直ぐにユウを抱きしめ、キスしながら下着の中に手を入れると、既にオマ〇コが大洪水でビッチョビチョだった事が印象に残っていると言っていました。そしてユウは「指入れて。もっとグチョグチョにして」と友人にお願いしてきたそうです。友人は大興奮して手マンすると、大量の潮が吹きだし、床一面に潮だまりができたとも。そのまま二人はシャワー室に入り、ユウは友人のぺ〇スを手でしこりながら綺麗に洗い、その後は美味しそうにフェラしてきたそうです。

友人は「ユウさん、今のセフレにかなり調教されてるわ。セックスが気持ち良くて誰とでもヤル女になってる」と、僕を心配そうに今の情事を伝えてくれます。でも僕はそれが狙いであり、肉便器として男達に弄ばれる事を望んでいるのです。こんなユウの痴態・変態プレイの様子を動画でも皆さんに見ていただきたく、ファン限定プライベートSNS:myfansで動画を公開しています。ユウのさらなる性長に協力いただけるよう、プランへ入会して応援の程よろしくお願い致します!

Copyright (c) 2019 tsumaasobi All Rights Reserved.