妻遊びロゴ

18歳未満閲覧禁止

18歳未満ですか?はい

ヘッダー画像

夫(恥夫)より

このサイトでは、寝取られプレイを経験した妻を20代の頃から紹介しています。妻は、今でも罪悪感を感じながらも夫が与えた男達とのセックスに興奮するのです。そんな変態になった妻の性教育記録を残すために立ち上げました。そして夫は、妻が性欲に勝てず夫以外の肉棒を求めるその姿に性的興奮を覚えるのです。これからもその性的興奮を何度も味わいたいと考え、妻を寝取って頂ける方と知り合うためも立ち上げました。

妻の名は「ユウ」、40代です。ユウには男達に気持ちよく中出ししてもらえるように、子宮内に避妊器具を入れています。生挿入して子宮口に直接射精が可能です。

このサイトを通じて出会った男達によって、ユウを快楽地獄へと突き落としていただき、アソコの痙攣が止まらなくなった先にある痙攣絶頂失神を味あわせてやりたいと思っています。

 

↑クリックして「ユウ」を応援頂ければ嬉しいです!

 

一線を越えたい方へ

 

 

 

20代前半:若かりし妻への性教育

(1)二十歳過ぎあどけなさが残る妻

20代前半の妻1

清純だった20代前半の妻です。まだ男は僕しか経験が無く、当時は僕の目の前で他の男とセックスするなんて想像ができなかったと思います。妻への最初の調教は、全裸にさせて何度も玄関に目隠しして立たせていました。当時の部屋がマンションのエレベータ付近だった為、玄関前にはよく人通りがあり、扉の向こうに人の気配を感じる度に、見えないのに妻は自然と体を隠そうとしました。でも僕は立たせ続けました。そして暫くすると、なんと妻のアソコから愛液が垂れだしました。糸を引いて靴の上に愛液を垂らしてしまいました。僕はその姿を見て頭によぎりました。「この女は、常に肉棒を求める女に調教できる」と。耳元で妻に「外から覗かれてお前の全裸が見えちゃうよ。玄関で全裸になっている女なんて変態だと思われるよ」と囁くと、みるみると妻のアソコから愛液が流れ落ちてきました。まさに衝撃でした!、妻のあそこは洪水状態です。妻は変態プレイに対して、より興奮する素質を持ち合わせていました。

20代前半の妻水着1
20代前半の妻水着2

僕は、性欲を満たす為に妻の体を何度も利用して来ました。今は避妊器具を子宮内に入れていますが、当時は全く避妊を行わない状態での生挿入中出しです。当然危険日は避けて、プレイ後はすぐに膣内に射精された精子をシャワーで洗い流す事で妊娠を避けていました。そのため妻は生挿入を好み、ゴム付きでは感じることが出来なくなりました。妻は、男の精液と自分の愛液が膣内で混ざり合うことに興奮するのです。妻はセックスを楽しみ、屋外ではその開放感から写真にあるように海辺で乳首を出すなど、セックスに興味を持って過ごしていた時期です。

20代前半の妻水着3
20代前半の妻水着4

妻は、ご覧の通り細身体系です。でもお尻は大きい方です。僕と知り合った当時のお尻は小ぶりでしたが、18歳で肉棒を経験させ毎日セックス漬けにした結果、すごいスピードでお尻が発育して大きくなりました。この頃は、デートの際は少し小さ目サイズのスカートを履かせ、下着はいつもほぼ紐状態のTバックでしたので、後ろから見た男性達はそのままの妻のお尻を眺める事ができたと思います。上の写真は、海水浴に泊まりで出かけた際の写真です。宿に帰ると、ヒリヒリと日焼けした肌に痛みを感じる中、妻を全裸にして肉棒を与え、その後お風呂に入ってはまたセックスの繰り返しだったことを覚えています。

20代前半の妻アソコ1
20代前半の妻アソコ2

初めて妻のマ○コを見た時、黒々とした小陰唇の色とその先にある膣口付近のピンク色とのギャップが印象に残っています。上の写真はモザイクがあるため分かりにくいですが、若かりし妻のマ○コには、若さから来る性器の鮮やかさがありました。愛液は濁りなど無く、光の当たり方によってはキラキラと輝き、そして妻はその愛液を指でクリ○リスに絡ませてはオナニーする事を覚えました。

Copyright (c) 2019 tsumaasobi All Rights Reserved.